とりあえず「一歩」 踏み出してみる

アクセスカウンタ

zoom RSS 親子の絆      名字の言、聖教新聞から

<<   作成日時 : 2015/09/28 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 青森県出身の画家・鷹山宇一氏(故人)は、独創的な作品もさることながら、豊かな人間性も注目を集めた。娘のひばりさん(青森県立美術館長)から聞いたエピソードが印象的だった

▼小学生の時、ひばりさんは本が好きで、学校には行かず読書三昧。たまに学校に行くと、決まってテストの日にぶつかった。勉強していないから点数は悪く、母親に叱られた。ところが鷹山氏は「大したものだ。何もしてなくても30点も取れるのか」「勉強する時間があれば本を読んでいればいい」と認めてくれた

▼学生時代、ひばりさんは奇抜な髪形を大学にとがめられ、処分の対象になった。学校に呼び出された鷹山氏は学長に訴えた。“人間は姿形ではなく、自分の力を信じて社会貢献する人生こそ尊いということを、娘に教えてほしい”と。土下座せんばかりに頭を下げた父を見て、ひばりさんは、いつかこの父のために生きる人生をみつける、と心に誓ったという

▼どこまでも、わが子の個性を認め、成長を信じて見守る。言うは易く行うは難しだが、親が子どもに寄り添い、一緒に成長しようと努力する時、親子関係はより豊かに広がっていく

▼ひばりさんは後年、父の美術館に携わり、学生時代の誓いを見事に果たした。(濤)



名字の言、聖教新聞から

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親子の絆      名字の言、聖教新聞から とりあえず「一歩」 踏み出してみる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる