とりあえず「一歩」 踏み出してみる

アクセスカウンタ

zoom RSS  「成長」を手放さない限り、人は青春を生きられる

<<   作成日時 : 2015/09/09 08:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


 日米のプロ野球でベテランの活躍が相次ぐ。日本で46歳8カ月4日の中日・山本昌投手が最年長先発勝利を飾ると、米国ではロッキーズのジェイミー・モイヤー投手が49歳151日で大リーグ最年長勝利記録を80年ぶりに更新した

▼モイヤー投手は一昨年に左肘を手術して昨季は登板できず、2年ぶりの復活。球速は最速127キロで中学生にも及ばないが、巧みな投球術には若手速球派にない“味”がある

▼「成長」を手放さない限り、人は青春を生きられる。71歳で日本史上最年長の五輪出場が確実な法華津寛選手(馬術)は、競技を続ける動機に「今でも少しずつ自分がうまくなっている」ことを挙げていた

▼一線級で活躍するベテランには、おしなべて気取りがない。淡々としてみえる。“成功したい”“認められたい”という「他者の目」を基準とした自己評価を卒業し、“もっと上達したい”“楽しみたい”という内面的価値を動機付けにしているからだろう

▼『徒然草』に「万の事、外に向きて求むべからず。ただ、ここもと(自分の手もと)を正しくすべし」(第171段)とある。目下の課題を見つめ、自分の信じた道をひたすらに、真剣に貫く。その姿がそのまま、他者への励ましとなることを忘れまい。(博)


 名字の言 聖教新聞

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 「成長」を手放さない限り、人は青春を生きられる とりあえず「一歩」 踏み出してみる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる